京進のほいくえんHOPPA

スタッフ採用

入園のご案内

自治体・各種業界の皆様へ

0753425077

スタッフ採用

入園のご案内

自治体・各種業界の皆様へ

お知らせ HOPPA

京進のほいくえんグループ 勉強会2017.08.30

京進のほいくえんグループでは、2017年度より新たな取組がスタートしました。それが「職員の為の勉強会」

全4回にわたって行われる勉強会。8月19日をもって第3回が終了し、最終回は京進本社で9月23日・24日に行われれます。

京進のほいくえんグループは、総合教育企業の(株)京進が運営しています。「ひとりひとりを大切に」の京進の理念は、お預かりするお子様にも、そして働く職員に対しても、言えることです。

ぜひこの勉強会を自己研鑽のひとつとして役立ててほしいという思いから、今年度より職員の方を対象とした勉強会を実施する運びとなりました。勉強会は自主参加としており、全4回通しての参加が必須ですが、関東会場・関西会場には、HOPPA・ビーフェア・リトルキッズから、志高い職員が集いました。

勉強会の内容は多岐にわたり、また講師陣もその内容に特化したスペシャリストが勢ぞろい。最終回を9月に控え、これまでの勉強会の内容をご紹介しましょう 😛

勉強会①社会情勢(講師:(株)京進 講師採用課 足立先生)

足立講師からは、「2017年時事からみた世の中のしくみ」をテーマに、世界の主な宗教と暮らしや、法律などについて、講義をいただきました。

 

HOPPAでも外国籍のお子様を多くお預かりしています。例えば「ハラ―ル」(イスラム法上で食べることが許されている食材や料理)。名前は聞いたことがあっても、その背景は?と問われるとなかなか知らないもの。

世界の宗教を理解することは、その国・文化を理解することにもつながります。知識があることでできる配慮や思いやりは、大きなものです。講義をうけた皆さんからの表情からは、「国籍が違うお子様を受け入れるにあたり、まず一歩、相手を思う気持ち」が生まれたことが伺えました。

(株)京進 小中部で長年教鞭をとり、有名中学・高校に多数の合格者を輩出されている足立講師。関西弁のボケ突っ込みも入りながら、テンポよく進められる講義内容に、皆さん一言も聞き漏らさないように熱心にメモをとっていました。さらに講義後、より深い知識を得るため、インターネットで調べたり本を読みました、という声も聞かれました。

 

勉強会②一般教養(講師:(株)京進 小中部運営課 荒川課長 他 講師3名)

世の中、知っていることというのはほんの一部。その知っていることでさえ、それは本当にあっている?と聞かれると疑問符がつくものです。

荒川課長は長年、(株)京進 小中部で教鞭をとり、有名中学・高等学校に多数の合格者を輩出されています。国語のスペシャリストである荒川講師からは「文章作成」をテーマに、講義をいただきました。

日頃、保育園でも園だよりや連絡帳、またブログ等、文章を作る機会が多くあります。正しい文章表現や文章の書き方に加え、「何の為に文章を書くのか」「相手に何を伝えたいのか」等、相手を思いやる心についても触れられた講義でした。

 

ビーフェア(株)水口取締役からは、名刺の渡し方やお茶の出し方など「一般常識」に関する講義が行われました。

 

「人は見た目が100パーセント」というドラマもありましたが、印象は相手が決めるもの。第一印象は3秒で決まる!ともいわれます。 そのうち視覚の占める割合は、55%です。

「私に似合う色って?」 女性には馴染み深いカラー診断。「この色かな、あの色かな」あーでもないこーでもないと頭を悩ませる男性職員の姿が印象的でした。貴重な機会ですねっ 😆

 

勉強会③算数・数学の世界 / 保育マーケット概論(講師:京進ほいくえんグループ 関社長)

「語学は7~8歳、数的思考は3歳~4歳」みなさん何のことか分かりますか?

これはその能力を取得する限界の年齢、「臨界期」と呼ばれるものです。京進のほいくえんグループでも、この臨界期を重視し、English timeや知育タイムといったオリジナルプログラムを取り入れています。能力を取得する限界の年齢、言い換えれば、「自然と身につくことができる」年齢でもあります。

残念ながら、我々にはとうの昔に死滅してしまったこれらの能力。「自分は文系だと思う人?算数が苦手な人?」の関社長の問いかけに関西会場・関東会場からは多くの手があがります。

 

関社長は、(株)京進で長年教鞭をとり、有名中学・高校に多数の合格者を輩出しています。まさに、算数・数学のスペシャリスト。算数・数学の奥深い世界に少しでもみなさんを誘いたい、と、講義に熱が入ります。

  

「算数」と「数学」は何が違うの?3大数学者「アルキメデス」「ニュートン」「ガウス」名前は知っているけれど、何を発見した人?金属の中で比重が一番重い物質は?

「地球上の全ての生物や物質の元は’原子’。さらに最新の研究では・・・」算数に数学、科学・物理の世界には、ロマンがあります。

  

男のロマン「ウルトラマン」。ウルトラマンのふるさと「M78星雲」は、地球から1,600光年の位置にあります。(1光年とは、光の速度で、1年間進み続け到達出来る距離。 光の速度は秒速30万キロ。地球一周が約4万キロなので1秒間に地球を7周半するスピードに相当します)

ウルトラマンの地球上での活動時間は3分。3分たつとカラータイマーがピコピコ点滅、星雲に戻り、また翌週、地球にやってきます。

あれれ?1600光年離れているのに、翌週戻ってこれるの?これって嘘の設定??

いえいえ、実は理論上「可能」なんです。

「面白いねぇ」と熱く繰り広げられる関社長の世界にどっぷりとはまっていく皆さん。「算数は苦手。無理。」と頑なだったあの算数への拒否感は、どこへやら 😆

 

インド算数は目から鱗。二ケタ×二ケタ、暗算で軽くできます。

いくつになっても「学び」とは楽しいものです。「あ!なるほど!」新しい知識を得て、視野が広がった瞬間の喜びは、何ものにも代えがたいものです。最後にはなんとテストも行われました。脳をフル回転させ、最後にはちょっぴり目も回ったみなさんでした♪

関社長からは、さらに「保育マーケット概論」をテーマに講義も行われました。施設長として、保育士として、調理師として、保育園で働く「スペシャリスト」として知っておくべき内容に、みなさん熱心に耳を傾けていました。

さて残すところは、9月23日24日の最終回です。最終回は、関東のみなさんも京都に集合。参加者全員そろって、京都の京進 本社にて行われます。

最終回にふさわしい「京進だからお届けできる」勉強会の内容となっています!講師もスペシャル!!

ただ今最終打ち合わせ中。どうぞご期待下さい 😉

FacebookにもHOPPAの素敵がいっぱいです!