京進のほいくえんHOPPA

スタッフ採用

入園のご案内

自治体・各種業界の皆様へ

0753425077

スタッフ採用

入園のご案内

自治体・各種業界の皆様へ

ブログ記事 HOPPA青葉台園

子どもたちの安全とHOPPA青葉台園のこだわり2017.10.16

今回のブログでは、HOPPAの基本方針である安心・安全のための取り組みと、HOPPA青葉台園(神奈川県横浜市小規模認可保育園)ならではの保育のこだわりについて保育責任者の田中がご紹介します。

~安心・安全~

HOPPAでは年間で計画を立てて毎月避難訓練を行っています。地震・火災・不審者・水害と、その想定は様々です。

子どもたちの不安感をあおることなく、普段とは違う雰囲気を感じてもらいながら、先生のお話を聞いて行動してもらうことができるよう繰り返し行っていきます。

「かくれて~!」不審者対応訓練の一コマです。

どのような想定でも、まず一度、お部屋の安全な一か所に集合してもらいます。

地震では落下物の少ない所、火災では火から遠い所、不審者対応では侵入者から遠い所・・・。危険個所から一番遠く・安全な場所を先生が迅速に判断し、子どもたちに声をかけます。

「けむりをすいこまないように…」先生のお話を聞いて鼻・口をふさぐ子どもたち。

こちらは防災頭巾を着用しているところです。小さな子どもたちでも簡単にかぶることが出来ます。初めは嫌がるお友だちもいましたが、遊びの中でも触れ合える機会を作りながら、抵抗をなくしていけるようにしています。

保育室・調理室に消火器も設置し、職員が扱い方を確認しています。この日は特別に子どもたちにも見てもらいました。

「しょうぼうしゃ?」「ウー!!」と、シリウスkidsは消火器の色から消防車を連想し興味深い様子でした。お約束を守りながら見ることができましたよ☆

緊急時の指定避難場所はつつじが丘小学校です。

子どもたちの足で歩いて徒歩で20分ほど。訓練の時だけではなくお散歩の時にも時々出掛けて道のりを確認しています。備えあれば憂いなし・・・。お預かりしている大切な子どもたちの命を守ることができるよう、これからも非常時に備えた訓練を続けていきます。

~こだわりの保育★~

小規模認可保育園のHOPPA青葉台園では、少人数だからこそ出来る、子どもたちを見守る体制でひとりひとりの挑戦を大切にしています!

園生活のリズムを身につけ好きな遊びを楽しめるようになると、子どもたちは自分の身の回りのことに目が向いてきます。園でお友だちと過ごしていると互いに受ける刺激も大きく、“自分のことは自分で!”ひとりでやってみたい気持ちが膨らみます。

タオルをたたんでいます。おやつや食事の後に口・手を拭くだけではなく、先生がタオルをきれいにたたんでいることにも気付き、取り組むようになりました。「おにいさんがおてほん!」シリウス・ベガkidsで並んで、真剣です。

自分の持ち物もよく分かり、使う物の場所に合わせてセッティング♪

お友だちの姿を見ているので、スピカkidsもこの通りタオルかけまで持って行くことを、楽しみながら身につけています。

これまではお手伝いしてもらうことが多かったのですが、靴下も“じぶんで!”

「むずかしいな…」、うまくいかない時間もできるようになるための大切な時間です。納得がいくまで取り組めるよう、時間を十分に確保していきます。

手掴み食べが上手になっているスピカkids。手を積極的に動かすことでスプーン・フォークの扱いもできるようになっていきます。お口の周りがケチャップで真っ赤になっても、食べ物が沢山こぼれても大丈夫!

必要な部分はお手伝いしながら、挑戦する子どもたちを応援しています。

一年を通して、沢山の時間を過ごす場所だからこそ、楽しんで過ごすだけではなく自立の喜びも大いに味わって欲しいと思っています。見守る・伝える、そして何よりも愛情たっぷりに子どもたちを包み込むこと…☆

その中で子どもたちがのびのびと成長できるようお手伝いをしています。

次回のブログはハロウィンをテーマにお送りします。

子どもたちの可愛らしい仮装の姿をお楽しみに♡

FacebookにもHOPPAの素敵がいっぱいです!