京進のほいくえんHOPPA

スタッフ採用

入園のご案内

自治体・各種業界の皆様へ

0753425077

スタッフ採用

入園のご案内

自治体・各種業界の皆様へ

ブログ記事 HOPPA青葉台園

からだとこころをつくるもの2018.06.29

あじさいがきれいに咲く季節になりました。6月はお部屋の壁面制作にも子ども達が作ったカタツムリあじさいが登場しています♪

今回のブログではHOPPA青葉台園(神奈川県横浜市小規模認可保育園)の食に関する取り組みについて責任者の田中がお送りします。

HOPPAでは自園調理を行っており調理室も完備しています。午前・午後のおやつ、昼食と3回食事を提供しており、そのうち昼食・午後おやつは手作りのものです。

こちらは調理の松本先生です🍙毎日のお食事作りだけではなく、保育士と連携し子ども達の食へのアドバイス食に関する活動を行っています。

この日、松本先生は調理の先生からおにぎり屋さんに変身!

午後のおやつのおにぎりを子ども達の前で実際に握って見せてくれました。いつもは盛り付けられてから出てきますが、今回は炊飯器の中の炊き立てのご飯がおにぎりになる様子を近くで見ましたよ。

「おにぎり3個、お待たせしました☆」おにぎり屋さんから出来立てのおにぎりが到着です。

食べる時もお客さん気分を味わい、楽しいおやつの時間となりました。

午後のおやつは、おにぎり・蒸しパン・焼きそば…等、夕方のお迎えまで元気に過ごせるようなメニューです。

毎日のおやつも、お店屋さんに変身したり行事によって盛り付け・飾り付けが工夫されていたりと、より子ども達の食欲に働きかけるものとなっています。

「だいじょうぶかな…」慎重な面持ち…、こちらでは給食で使うチンゲン菜の下準備のお手伝い中♪

シリウスkidsが松本先生に教えてもらいながら一枚ずつチンゲン菜を剥いていきました。

子ども達は毎日の知育で果物・野菜カードを見ながら色々な野菜を覚えていますが、やはり実物が一番。

見た目・感触・匂い、そして給食・おやつを通しても体験します。

自分の五感を通して感じることで、より体験したことが深まっていきます。

「わたしたちもやりたいなぁ…♡」「なんのやさいかな?」

すぐ近くでベガ・スピカkidsも見守っています!お兄さんお姉さんがお手伝いしてくれたお昼ご飯、楽しみだね☆

お友だちや先生と“一緒に食べる”ことは保育園ならではの経験です。

集団の中で食べる事で食欲が増し、お互いに良い刺激を受けながら成長していく部分も多くあります。

園では楽しい雰囲気を味わいながら、食事を通して様々な食材・味に親しんでもらうことを大切にしています。

元気に活動できる・楽しい発見がある・意欲が増す・感じる心が豊かになる…、乳幼児期の食事は子ども達の生涯の心・体づくりの基盤となります。

保育・調理が一緒に成長のお手伝いを出来る施設として、食べるだけではなく様々な食に関する活動を提供し、子ども達の健やかな育ちを応援していきたいと思います。

今回は、食に関する取り組みについて、ご紹介しました。

次回もどうぞお楽しみに♪

FacebookにもHOPPAの素敵がいっぱいです!