京進のほいくえんHOPPA

スタッフ採用

入園のご案内

自治体・各種業界の皆様へ

0753425077

スタッフ採用

入園のご案内

自治体・各種業界の皆様へ

ブログ記事 HOPPA南草津駅前園

南草津駅前園の知育タイム2017.08.02

気持ちよく晴れ渡った青空に、照りつけるような陽射し。いよいよ夏がやってきました。

今回も施設長の岡林が園の様子を紹介していきたいと思います!

本日紹介するのは、HOPPAの園生活の中でも力を入れている 知育についてです 😉

実は園見学の際には、特にこの時間(知育タイム)をオススメしています。

まず皆様驚かれるのがこちら。

ご覧ください!この集中力!

「椅子に座って保育者の話を聞くこと」ができている南草津駅前園の子どもたち。

実は、0歳~2歳の子どもたちにとって簡単なことではありません。「座りなさい」ではなく、子どもたちの興味関心を引き出し、自ら座ることが出来るように環境を設定しています。

知育タイムでは、ひらがなを読んでみたり、数字を数えてみたり、さらに、道具や乗り物、野菜等のカードを使って物の名前を伝えたりと、ねらいを持って、毎日様々な活動を継続して行っています。

 

毎日の積み重ねから、子どもたちは考えることや答えることに対して、楽しさを感じ始めます。

 

特に2歳児の子どもたちは、文字や数字を理解し初め、それが自信となって「もっと知りたい!」と新たな学びに繋がっています。継続は力なりです。

HOPPAではそんな2歳児さんの子どもたちの気持ちに応えるべく、このように帰りの会の後に、2歳児だけの知育タイムも行っています。

 

朝の知育タイムからさらに高度な内容になり、数や形、巧緻性を養う活動もとりいれています。

子どもたちは必ず成長の中で「椅子に座って、人の話を聞く」という時期が来ます。

その時に「椅子に座りたくない」という気持ちがでてしまうと、せっかくの成長や学びの機会が失われてしまう。それはとても勿体ないことだと思います。

知育タイムの中では「椅子に座る」ということもねらいとしながら、日々様々な活動を楽しみながら行っているんですよ。

 

次回は夏ならではの遊びをご紹介したいと思います。乞うご期待!

FacebookにもHOPPAの素敵がいっぱいです!