京進のほいくえんHOPPA

スタッフ採用

入園のご案内

自治体・各種業界の皆様へ

0753425077

スタッフ採用

入園のご案内

自治体・各種業界の皆様へ

ブログ記事 HOPPA草津野村園

野村キッズの成長♪2017.03.21

何気ない活動の場面や行事を終えた後など、様々な場面で子ども達の成長を見る事が出来ます。今まで出来なかった事が出来るようになった時はとても嬉しい気持ちになります。

今回のブログでは、施設長の樋口より、この1年の間でも至る所で見られた子ども達の成長ぶりをお届けしたいと思います。

年間、楽しく取り組んできた知育。スピカ組、ベガ組(0.1歳児)の子ども達も一定の時間椅子に座り、先生の話を聞くという姿勢がしっかり身につきました。内容は一緒でも日々知育を行う先生が変わり、その先生ならではの工夫が加わる事で「今日は誰先生かな?」「どんなのが始まるのかな?」と子ども達の視線はいつもキラキラしています。

 

名前を呼ばれると「はい!」と言って手をあげ、先生とハイタッチ!! どの子も満面の笑みで、さあ、これから元気よく1日のスタートです 😀

ひらがな、数字、名詞カードなどを4,5月から毎日じぃーと見て覚えてきたスピカ組さん。今では、しっかり言葉として言えるようになりました。

シリウス組(2歳児)は、知育2年目!ひらがなを覚え始め、絵本の文字を1文字ずつ読む姿が見られたり、散歩に出掛けると、看板の文字に目が行き文字を読んだり「ほいくえんってかいてある!」と教えてくれます。

 

玩具の取り合いになると先生が時計を使って「長い針が3になったら貸してあげてね~」と言葉掛ける事で、子ども達が数字を意識できる環境を作っています。そうすると子ども達から「3になったよ!」と教えてくれるようになりました。

発表会で覚えた国旗。表を見ながら友達同士で「あっ、ラオス!」「これ、フィリピン!」と我先に知っている国旗を見つけては言い合って楽しんでいます。絵本の時間もきちんと座り話を聞くという姿勢と、集中力が身につきました。

 

月に1回、子ども達がとっても楽しみにしているEnglish time!

アリー先生が大好きですっかり仲良しになりました。英語の歌を歌ったり、曲に合わせて踊ったり、様々なアクティビティを通じて生の英語に触れ親しみ、楽しく取り組んできました。

この1年間で、アリー先生と一緒に歌った曲もすべて覚えている子ども達。日々曲を変えてみんなで楽しく踊っています。ABC songも “Are you ready?”と先生が言うと、子ども達は “Yeah!”と言って手をあげ、元気に歌い始めます。

1番成長が目覚ましいスピカ組。

入園当初はまだお座りだった子ども達が歩けるようになり、最近では自分の持ち物が分かり始め、ロッカーからジャンバーを持って来たり、靴下を履こうとしたり下駄箱から靴を出して来たり、身の回りの事を少しずつしようとする姿が見られるようになりました。

 

体力もついてきたのでバギーを卒業して、散歩も手を繋ぎ自分の足で一定の距離を歩けるようになるまで成長しました。給食も、スプーンで食べる練習の真っ最中!です!!

ベガ組、玩具の貸し借り。

欲しい玩具をお友達が持っていると急に取ってしまいトラブルになる場面も多いこの時期。言葉もかなり出てきているので、その都度こういう時は、「貸して!」と言う事を知らせています。先生が仲立ちをして貸す側のお友達にも貸してほしいお友達がいる事を代弁しますが無理強いはしません。自ら「どうぞ!」と貸してくれるのを待ち、その姿が見られた時にはうんと褒めていく事で少しずつ出来るようになってきました。

積み木を交互に積み、倒れても何度もチャレンジ!!お友達と場を共有して一緒の遊びを楽しむ姿も見られるようになりました。

シリウス組 毎日1人ずつ交代で行っているお当番活動。

始めた時は、お友達の前に立つ事に恥ずかしさを感じていた子ども達も、今ではお当番が回ってくる事が楽しみで、表情は生き生きとしています。自分の役割として自発的に取り組んでくれています。他園への進級を控え、帰りの用意として自分の持ち物管理、まとめる事も少しずつ習慣づいてきました。

 

集団遊びとしてシーツを使ってバルーン遊びをしたり、簡単なルール遊びとして椅子取りゲームや、フルーツバスケットも楽しめるようになりました。

色々な運動機能がどんどん伸びるこの時期、先生の後に続き動きを模倣して走ったり、登ったり、降りたり、飛んだり、ぶら下がったりと出来た体験を喜びに感じ、意欲的に楽しめるようにもなりました。

  

園の中では1番上のお姉さん。共に生活をする事を通じて自然に思いやりの気持ちが育まれ、お手本となる事で自信を持つ事が出来ているようです。

振り返ればあっという間の1年間でした。

日々の子ども達の笑顔に私達保育士もパワーをもらい、子ども達の成長の喜びを保護者の方と共感し合えた事、またその成長を傍で見守り深く関わる事が出来た事への感謝の気持ちでいっぱいです。保育士は、一人ひとりと向き合い理解し受け止めその子のあった関わりを大切にしてきました。

これからも子どもの心情や意欲を引き出しながら一人ひとりが色々な事をその子なりに表現できるようサポートしていきたいです。

FacebookにもHOPPAの素敵がいっぱいです!