京進のほいくえんHOPPA

スタッフ採用

入園のご案内

自治体・各種業界の皆様へ

0753425077

スタッフ採用

入園のご案内

自治体・各種業界の皆様へ

ブログ記事 HOPPA大島五丁目

雪で遊ぼう~子ども達の関わり方や気持ちの成長~2018.02.07

「ゆきがふってるよ~!!」

1月22日のお昼寝明け、先生の第一声でサッとベッドから起き上がり、窓から外を眺める子ども達。

「すごい!ゆきだ~!」「せんせいみて!ゆききれいだよ!!」と大興奮☆普段、寝起きがあまりよくない子もすぐに起き上がっていました 😀

その後は「ゆ~き~やこんこ あ~られ~やこんこ♪」の大合唱になりました♪

こんにちは。HOPPA大島五丁目(神奈川県川崎市認可保育園)施設長の秦です。

1月22日に関東では珍しい雪が降り、23日にはたくさん積もっていたため、雪遊びを行いました!!今回はその様子をサブタイトルの「子ども達の成長した様子」と共にお伝えいたします⛄

23日に登園してくるなり「せんせい、きょうおそといこ?」と見つめてアピールする子や「おそといきたい!」と元気いっぱいアピールする子で朝からすごい盛り上がり。

先生が「お外に行って雪でいっぱい遊ぼうね!」と言うと「やったー!」と喜んでいました☺

公園に着くなり、早速雪にたくさん触れる子ども達。

その後「雪合戦チーム」と「雪だるまチーム」に分かれて遊びました。

まずは「雪合戦チーム」

標的の先生をめがけてたくさん雪を投げました。中には「これ使っていいよ!」と“玉を作る専門”の子もいて、子ども同士で連携がとれていて、とても面白かったです♪

受け取るお友達も「ありがとう!」と言いながら受け取り、必死になげて、協力しながら先生を倒していました。

開園当初は「ありがとう」がなかなか出てこなかった子も、今では当たり前に言えるようになりました☆

次に「雪だるまチーム」です。

「ゆきをたくさんもってきて~」という先生の号令とともに、手にあふれるほどの雪を集めてくる子ども達。

ここでも“雪を持ってくる人”“雪だるまの形を作る人”“枝や葉っぱなどのパーツを探す人”に分かれて連携しながら作っていました◎

「どうやってつくる?」「ぼくゆきもってくる!」「じゃあわたしは雪だるまつくる!」と、“どのようにすれば早くいいものが出来るか”を話し合いながら、役割分担していたことに驚きです!!

先生が驚くくらい、子ども達の「考え方」は大きな成長をとげていました♡

途中から雪合戦チームも合流して、みんなで協力すると・・・子ども達よりも大きな雪だるまが出来ました!!完成すると「できた!」「みて!かわいいゆきだるま!」と大喜び☆

しかし・・・写真を撮ろうとした時に雪だるまがバタリッ・・・ 😯

「ゆきだるまがこわれちゃった~」

一瞬悲しい空気が流れましたが、「またつくってあげればだいじょうぶだよ!」と子ども達から言い出し、すぐに作り直しました!!こんな場面でも以前は壊れたら涙を流していた子ども達が、今では前向きな気持ちになれるんだなと気持ちの成長を感じました♪

そして、最初よりも小さくなってしまいましたが、みんなで協力して作った雪だるまと記念撮影📷

頑張った分だけ、出来た時の達成感をたくさん味わった子ども達です。

その頃保育室では・・・

0.1歳児さんも雪に触れていました!雪遊びの準備をじーっと眺める子ども達。

準備が終わり遊びに行くと綺麗な雪に興味津々。お砂場セットの道具を使い、雪遊びを楽しんでいました☆

するとここでも成長を見ることが出来ました!!

0歳児のお友達が使っていたスコップを、置いてあるから使ってもいいと思った1歳児さんが手に取ると、声を出して取られたことをアピールする0歳児さん。

1歳児さんは、その声を聞いてすぐにスコップを返して、頭をペコッと下げていました。

まだ「ごめんなさい」は言えませんが、「あっ!いけなかったんだ!」と気付き、「謝る姿勢」を見せられるようになっていたことに感動しました。

1歳児~2歳児さん位はイヤイヤ期に突入する時期で、「イヤ」というようになったり、独占欲が強くなったりします。

その時期の子でも、0歳児さんに優しく対応できるのは、普段から0歳児さんと一緒に遊んでいることや、幼児さんの関わり方を見ていることなどが大きな要因なのかなと思いました。

異年齢の子どもとたくさん関われるのもHOPPA大島五丁目の魅力だと思います。これからも小さな発見をたくさん見つけて、成長の喜びを子ども達と共有したいと思います☆

3月のブログテーマは「1年を振り返っての成長」です。知育をメインに関わり方以外の部分もご紹介していきますので、是非お楽しみに♪

FacebookにもHOPPAの素敵がいっぱいです!