京進のほいくえんHOPPA

スタッフ採用

入園のご案内

自治体・各種業界の皆様へ

0753425077

スタッフ採用

入園のご案内

自治体・各種業界の皆様へ

ブログ記事 HOPPA下沼部園

遊びの中で育まれるもの2018.07.09

こんにちは!HOPPA下沼部園(神奈川県川崎市小規模認可保育園)です。6月中に梅雨が明けて、暑い日が続いていますが、下沼部園の子どもたちは毎日元気いっぱいです。

今回は、子どもたちの好きな遊び(お気に入りの遊び)について施設長の井上がお送りいたします。

スピカ組(0歳児)は、今、探索ごっこが大好きです。

「ハイハイ」「つかまり立ち」「一人立ち」「一人歩き」が出来るようになった子が「あっちいって こっちいって」『ニコニコ♡』とにかくよく動き回って楽しんでいます。また、保育士とのふれあい遊び「一本橋こちょこちょ」「バスにのって」なども共に楽しんでいます。

もちろん、近くにいるお友だち同士、同じ場所で同じように行う一人遊びも・・・大好きです。

ベガ組(1歳児)は、風船遊びが大好きです。

繰り返し遊んでいるのですが・・・「ふうせん!ふうせん!やるー!!」と・・・。

「フワフワ~」と浮くのがおもしろいのでしょうか?

保育士やお友だちと一緒に「キャッキャッ」言いながら風船を投げては受け止めて「とれたよ」と嬉しそうに遊んでいます。汗だくになりながらも楽しんでいる子どもたちです。

時々、「バーン」と突然風船が割れてしまうハプニングに「びっくり!!」するものの、これもまた楽しさの一つのようですよ。

シリウス組(2歳児)は、パズル遊びも大好きです。園にあるパズルは、少しピースが大きいこともあって、何をどこに置くのかを覚えてしまっている子も・・・。

わかっていても「ここでいいの?」と保育士に確認をしてから行う慎重派の子もいます。

「聞いてもらって」それを「受け止めてくれる」先生がいることで「安心」や「自己肯定感」を育んでいるのかもしれませんね。

シリウス組さんは、「あ、い、う、え、お」ひらがな積み木もお気に入りです。知育で行っているひらがなを思い出して『○○ちゃんの「す」だね。』と確認したり、積み上げたり、ドミノ倒しを行ったりして楽しんでいます。

この時期、近くにいるクラスの仲間と同じ目的をもって遊ぶことも増えてきて、女子会のように会話も弾むこともあります。聞いていてとても楽しいですよ。

3クラス合同で遊ぶ時は、各コーナーを作って遊びます。

ままごと道具やレゴブロック、井形のブロック、電車、車など興味あるおもちゃは沢山あります。

ベガ組・シリウス組さんがスピカ組さんの子の顔を覗き込みながら「どうぞ」とおもちゃを譲ってあげたり、頭をなでて「いい子いい子」をしたり、遊びながらも小さい子を気遣っている姿が見られます。

見ていて「ほっこり」する瞬間ですね。ベガ組・シリウス組も立派なお兄さん・お姉さんです!

同じクラス同士であると、同じおもちゃを使いたくて取り合いもありますが、「貸してください」「待っていてください」「どうぞ」「ありがとう」「どういたしまして」と保育士と共に、言葉を使ってのやり取りを学んでいます。

お気に入りのおもちゃで遊ぶには時にケンカもありますが、どんなに小さくても「自分の気持ち」「相手の気持ち」「どうしたらよいのかな?」が分かるように助言、援助をすることで、楽しく遊べるように心がけています。

満足して遊んだ子どもたちの瞳は「キラキラ」と輝いていて天使のようですよ✨

次回のブログは、「知育タイム」についてお送りする予定です。お楽しみに!!

FacebookにもHOPPAの素敵がいっぱいです!