京進のほいくえんHOPPA

スタッフ採用

入園のご案内

自治体・各種業界の皆様へ

0753425077

スタッフ採用

入園のご案内

自治体・各種業界の皆様へ

ブログ記事 HOPPA宝町園

安全確保!楽しく遊んで身体を鍛える。2017.09.22

HOPPA宝町園(広島県広島市小規模認可保育園) 施設長の奥場がお届けします。

今回は安全について考えてみたいと思います。

今年の夏にも一時的に激しく雨が降ることがありました。ニュースでもゲリラ豪雨(落雷事故)、土砂災害など取り上げられ、最近はどんな自然災害がいつ起こるかがわからなくなっていますね。

そこでHOPPAとしてはいつ何が起きても対応できるようにと、月に1回避難訓練を取り入れています。(内容は火災・地震・不審者など)まだ、小さい子どもたちにどこまで伝わるかはわかりませんが、職員の動きを見て感じ取ってくれればよいと思っています。

また、職員にとっても月に1度の避難訓練はいざというときに慌てないで行動ができる大切な訓練でもあります。子どもの様子を見ながら、「これがあった方がいい!」「ここではこういう声をかけて動いた方がいい!」など毎回反省と発見があり、繰り返すことの意義を感じています。これからも避難訓練を通して子どもたちと安全について学んでいければと思っています。

さらに安全に過ごすといえば、子どもたち自身のケガや事故(友達と衝突など)を防ぐことが重要です。

ケガをしない環境を作るのは当たり前ですが、もっと大事になるのは子どもたち自身がケガをしない身体作りをすることです。体幹を鍛えることによって俊敏さや、危険回避能力(とっさに避ける)を身につけることができます。手足を鍛えることによって転ばない身体や、転んでも自分を支えることのできる筋力を身につけることができます。

そこで、宝町園では遊びながら身体作りができればいいなと思い、いろいろな遊びを心掛けています 😛

一番良いのは歩くこと、天気の良い日には散歩に行って公園で走り回って遊んでいます。

でもいつも散歩に行けるわけではありません。そんな時には、室内でもダイナミックに遊んでもらう!室内だからこそできる遊びをしています。 

それは、机を使って山を作り、段差を乗り越えたり下ったり、時には滑りおりたりして遊ぶ。平均台でバランスを取って歩いたり、少し高いところからジャンプに挑戦したりして遊ぶ。子どもにとって高いところは刺激的で、視野も広がり脳の活性化につながるのですよ 😉

 

道具を使って全身を使ってみたり、時にはいろんな動物に変身してみたりなど、遊びを通して楽しみながら身体作りができるようにしています。

 

ここで大切なのは無理にやらせるのではなく、自分からやりたいことを見つけて取り組むこと。そして、できたことを認めてもらうことが持続的に遊べることになり、さらに毎日続けることが丈夫な身体作りにつながっていくのです。

今後も子どもたちの身体作りを続け、元気で、安全な保育園を目指していきたいと思います。

次回の更新もどうぞお楽しみに♪

FacebookにもHOPPAの素敵がいっぱいです!