京進のほいくえんHOPPA

スタッフ採用

入園のご案内

自治体・各種業界の皆様へ

0753425077

スタッフ採用

入園のご案内

自治体・各種業界の皆様へ

ブログ記事 HOPPA宝町園

秋・みのりを大切に!2017.10.25

こんにちは!HOPPA宝町園(広島県広島市小規模認可保育園)施設長の奥場です。

秋と言えば「実りの秋」。たくさんの果物や野菜が甘く美味しく実りますよね。

HOPPAの給食においても、旬のものを味わって欲しいという思いがありますので、今の時期だと、調理の先生がカボチャサツマイモの素材の味を生かして、美味しく調理をしてくれています。また、果物の梨や柿は、食べやすく切ってもらっています 😛

 

みんなと一緒の給食は「美味しいね~!」って言いながら、いつも楽しく食べていますよ♪

ひとりひとり食事のスピードや食べる量の違いがありますが、様子を見ながら「この子にはこう言ってみようかな?」「この子はこのぐらいは食べられるかな?」と先生たちはいろいろな角度から子どもたちを見て、量を調節したり、完食した時には自分のことのように喜んだりと、少しでも残す量がなくなればいいなと日々考えています。

だって、食べないと次に遊ぶ時の元気な力(エネルギー)になりませんからね。いっぱい食べることができれば思いっきり遊べるのですから 😆

さらに、果物や野菜が実るだけじゃありません!

HOPPA宝町園では素敵なものが《みのり》始めているのですよ。

4月から文字や絵本に触れている子どもたちですが、最初はチンプンカンプン!先生は何をしているの?と見ていた子どもたちが、最近自分から「この絵本がいい!」「あの絵本出して~!」と見始めているのです。今ではお友だちと読み合ったり(見せ合ったり)、ひとりでじっくり鑑賞をしたりしています。

 

また、ずっと座ってお話を聞くことが難しかった子どもたちが、長い時間でも話に興味を示し、座って聞けるようになっているのです。

これも4月から子どもの側に寄り添い、できたことを認め続けたことで、「みんなと楽しむことは面白いね!」という気持ちが、徐々に子どもたちの中に《みのり》だした証拠なのでしょうね。ひとりひとりが遊びを通して得意なものを見つけながら、もっとたくさんのことを吸収して大きくなって欲しいと思います。

 

このように秋の実りもHOPPA宝町園の《みのり》も子どもたちを輝かせ、素敵な笑顔にしてくれています。

これからどんどん寒くなっていきます。心と身体をほっかほかにできるように、子どもたちに寄り添って共感してHOPPA宝町園が《みのり》多き園になるようにしたいと思っています。

次回はハロウィン特集です♪ どうぞお楽しみに♪♪

FacebookにもHOPPAの素敵がいっぱいです!