京進のほいくえんHOPPA

スタッフ採用

入園のご案内

自治体・各種業界の皆様へ

0753425077

スタッフ採用

入園のご案内

自治体・各種業界の皆様へ

ブログ記事 HOPPA津田沼園

霜柱サクサク✨羽子板トントン2018.01.19

年が明けて1回目のブログ、今回はHOPPA津田沼園(千葉県船橋市小規模認可保育園)スピカ組担当山田が、「冬」をテーマにお送りします。

冬休みが終わり、久々に会ったHOPPA津田沼園のお友だちに会うと、身長がピョンと伸びたように感じます。1日1日とどんどん心も体も成長していますね!!

久々に登園すると「おはよー!!」と元気に挨拶をし、お父様・お母様に「いってらっしゃーい」と手を振っている姿を見ることができました。「ばぁばの家いったのー!!」など、お休みの間のお話をたくさん聞かせてくれました。

12月からお散歩へ行く時にカートに乗るのを卒業したスピカ組。誰とでもしっかりと手を握り、横断歩道も上手に「ハーイ!」と手を挙げて渡れるようになったベガ組。相手をしっかりと気遣い、たのしいお話をいっぱい聞かせてくれるシリウス組。最近では、クラス関係なく手を繋いでおでかけします。

「今日はだれとかなー♪」といつもルンルンです。

この日は元気に歩いていると「なんか白い!!」と土の中から何かを見つけました。踏んでみるとザクザクと音がして、なんだ!?なんだ!?と、とっても興味津々です。

手に取ってみると「つめたいっ!!」と思わずビックリ。お外が寒いからこそできる霜柱にとても大興奮でした。

公園では遊具で遊ぶことはもちろん、かけっこが大好きです。保育士の「ヨーイドン!!」の掛け声で、子どもたちは元気に走り出します。

子どもは風の子と言われているだけあって、寒さをものともせず元気いっぱいです。

1月9日は新年の集いがありました。保育士による絵本では、こぶ巻きは「よろこぶ・・・」、えびは「腰が曲がっても元気に・・・」など「へぇー」と言いながら真剣に見ていました。

もちろん!!みんな上手に「あけましておめでとう」と新年のあいさつをすることができましたよ。

そして絵本にも登場した羽子板を先生が実際にやってみると・・・・

自然と子どもたちの口々から「がんばれー!!」の声が!!みんなのおかげで、羽根をたくさんつくことができました!!

羽子板づくりもしました。

スピカ組は、マジックペンとシールで飾り付けをし、ベガ組は、シールを上手にペタペタ・・・

シリウス組は、千代紙を「どこに貼ろうかなー」と考え中・・・。

子どもたちみんなが真剣に取り組む姿は、まるで羽子板職人のようでした。

作った羽子板を使って、天井からつるした羽根をつきます。トン・トン、パンパンと様々な音をならしながら、羽根が大きくはねていました。2人組でラリーを楽しんでいる子もいましたよ!!

今学期も残すところあと3か月、1年ってあっという間です。HOPPA津田沼園の子どもたちは4月からの9ヶ月間で、とっても成長しました。

1人でできることがとても増え、相手を思いやる姿もたくさん見られるようになりました。残り3ヶ月、子どもたちの頑張る姿を見守り、優しい気持ちをしっかりと一緒に考え、受け止められたらなと考えております。

残りの3ヶ月たくさんの思い出を作っていきたいです。

今回は、HOPPA津田沼園の冬の様子をご紹介しました。次回のブログもぜひお楽しみに!!

FacebookにもHOPPAの素敵がいっぱいです!