京進のほいくえんHOPPA

スタッフ採用

入園のご案内

自治体・各種業界の皆様へ

0753425077

スタッフ採用

入園のご案内

自治体・各種業界の皆様へ

ブログ記事 Kyoshin ECEグループ

【ビーフェア上野御徒町保育園】巧緻性ってどんなものなの?2020.08.17

こんにちは。ビーフェア上野御徒町保育園(東京都台東区小規模認可保育園)です。

今回のブログは能力開発レッスン(知育time)で行っている巧緻性について、ご紹介します。

まず、園で取り組んでいる知育timeには「こくご」「さんすう」「巧緻性」と3つの大きな内容があります。「こくご」「さんすう」はイメージできると思いますが、「巧緻性」ってあまり聞きなれないですよね。

巧緻性というのは、一般的に指先の器用さのことをいいます。

紙を切るや、ちぎる、折る、糊で貼る。ひもを通す、結ぶ、巻く。色を塗る。物を重ねる…などといった動作ですね。大人は簡単にできますが、子どもたちにとっては、なかなか難しいです。

こういった動作を、遊びながら楽しく自然に身につけられるようにするのが、知育timeの「巧緻性」です。

保育園では主に製作活動や普段の遊びなどを通して、子どもたちが巧緻性を身につけられる環境を作っています。

1歳児クラス ベガ組のシール貼り制作とブロック遊びの様子を見てみましょう。

丸いシールを剥がしています。シールの端を指に引っ掛けて上手に剥がせました。

指にくっついていますね。

シールを貼るところです。親指と人差し指で挟んで持ち、粘着面を下に向けています。シールの貼り方や構造を理解しています。とても真剣な表情ですね。

シールを貼る動作は、この前も行ったことがあり、初めての時よりスムーズに指先を動かせています。

上の写真よりも少し小さいサイズのシールですが、自分でつまんで貼れていますね。とても集中しています。

次にご紹介するのは、スポンジの大きめのブロック遊びです。円柱や長方形のブロックなどを積み上げている様子です。

女の子がブロックを上に置こうとしていますね。男の子と一緒に積んでいるのでしょうか。

上手に置けました!たくさんのブロックが積まれていますね。何度も崩れては上に置くことを挑戦していました。

最初はなかなか高くはできず崩れてしまうので、保育士が置き方を教えていました。

段々と自分たちで置き方が分かってきて積めるようになってきます。

ぜんぶで12個置けました!

高く積むには、ブロックの持ち方どこに置いたら崩れないかの判断実際に思ったところに置けるように手動かす力など、複合的な力が必要です。

どんどんブロックを積んでいます。お友だちと一緒に遊ぶのが楽しそうですね。

知育timeというと、座ってお勉強するようなイメージがありますが、このように普段の生活で養っていく力もあります。

この巧緻性は、生涯に渡って必要になる力です。指先を使うことで自然と集中する力も身に付きます。

ご家庭でも工作や遊びで楽しく養える環境があるといいですね。

紙飛行機を折るといったことでもいいので、ぜひお子様と一緒に遊んでみてください。

ではまた、次回よろしくお願いします。

FacebookにもHOPPAの素敵がいっぱいです!