京進のほいくえんHOPPA

スタッフ採用

入園のご案内

自治体・各種業界の皆様へ

0753425077

スタッフ採用

入園のご案内

自治体・各種業界の皆様へ

ブログ記事 HOPPA

【213名のご参加】HOPPAパークシティ武蔵小杉 開園説明会レポート2018.11.06

☆HOPPAオリジナルプログラムを通じての子どもたちの成長は「HOPPAプレミアムキッズ 成長の軌跡」にて動画で配信中☆

*****************************************************************************

2019年4月1日 JR武蔵小杉駅北口から徒歩5分「ザ・ガーデンタワーズウエスト」内にHOPPAの認可保育園「HOPPAパークシティ武蔵小杉」(川崎市認可保育園・定員70名)が開園します!

開園に先立ち、11月3日 川崎市国際交流センターにて開園説明会が行われました 😀

当日は午前の部・午後の部 あわせて213名と、HOPPA開園以来、過去最大人数の保護者の方にご参加いただきました。そのご参加数からも、そして当日のアンケート結果からも、皆様のHOPPA保育園への期待の高さが伺えました。

当日アンケートより(※数値は午前・午後合同)

①本日の説明会はいかがでしたか

【大変満足】 50.2% 【満足】46.4%【やや不満】3.4%【不満】 0%

②HOPPAについてどのような印象をもちましたか

【大変興味をもった】67.5% 【興味をもった】31.1% 【やや期待外れ】1.4% 【期待外れ】 0%

③現時点でHOPPAへの入園は希望されますか

【希望する】84.7% 【検討中】15.3% 【希望しない】0%

 

我々が行う開園説明会には、特徴があります。

保育園の概要はもちろんのこと、運営母体としてどのように保育園運営を考えているか、そして今後のお子さまの成長をどう応援していくか、その思いまでしっかりとお届けすること、そしてその思いをご理解いただき、ご入園いただくことがお子さまにとってもご家庭にとっても大事なことだと考えています。

今回もまずは、株式会社京進 取締役 第四運営本部長 兼 保育事業部 部長であり、株式会社HOPPA代表取締役社長の関が、母体の京進について、そしてHOPPA保育園の根幹となるオリジナルプログラムについてお話をさせていただきました。

 

HOPPAの母体は総合教育教育企業として40年以上の歴史をもつ株式会社 京進です。

我々京進ほいくグループは「乳幼児期の子どもたちの成長を教育の面からも応援したい。そして、願わくは国全体の学び(=教マナび)を育みたい」という強いビジョンをもっています。

そしてその実現に向け、HOPPA全園で、京進の長年の知見・経験・ノウハウを集約した「English time」能力開発lesson(知育タイム)」オリジナルプログラムとして導入しています。

外国人講師が園を訪問し、英語に楽しくふれるEnglish time。そして、子どもたちの能力の素地を作ることをねらいとし、日々様々な活動を行う能力開発lesson(知育タイム)。いずれも「臨界期」の考えを元にしたプログラムで、能力開発lessonは東京大学薬学部教授・脳研究者である池谷 裕二先生に監修いただいているプログラムでもあります。

臨界期とは、その能力を(自然に)習得できる限界の時期。例えば、数的分野は3~4歳、言語分野は6~7歳と言われています。(大人になってからネイティブ並の会話力を習得するのは難しいですね 😯 )

一過性のものではなく、将来にわたって役立つ力を育むことをねらいとしており、既存のHOPPA保育園にお通いの保護者の皆様には大変お喜び頂き、ご評価いただいています。(オリジナルプログラム 大変満足・満足率 96.3%【対象】2018年3月成果発表会  )

関からはこれらプログラムの元となる考えや根拠について、白板を用いながら、さらには既存園のお子様の様子を動画でご覧いただきながら、説明をさせていただきました。(お子様の成長の様子は、こちら「HOPPAキッズの軌跡動画」ページでもご覧いただけます)

 

ご参加の保護者の皆様からは「教育プログラムがよく考えられていて、そのような教育環境に子どもをお願いしたいと想いました。自分もそのような環境で育ちたかったです」「あらためて自分たちが子どもにどんな教育をさせたいのか、考えさせられる良い機会となりました」といった声が多く寄せられました。

HOPPAパークシティ武蔵小杉では「より充実した英語環境を」と、ネイティブ講師の常駐、さらにはABCマウスも導入いたします!ABCマウスは、幼児・児童を対象としたオンライン家庭学習用教材であり、すでに導入園の保護者さまからも「家でも英語を話すようになった!」等、お喜びの声が続々と寄せられています!!ご期待下さい 😉

説明会後半には、神奈川エリア統括の杉谷より、HOPPAパークシティ武蔵小杉の施設概要、園生活等についてお話をさせていただきました。

 

最後に、説明会にご参加いただいた保護者の方から寄せられた期待のお声を一部ご紹介します。

●英語を習わせたり、知育に時間をとることができないので、保育園でそのような環境があると嬉しいです。将来的なことも考えて下さり、伸びる保育園だと感じました。

●子どもを大切に考えて、個々を尊重しながら、預かっていただけるのが伝わってきました。

●勉強ではなく、包括的な能力が育ちそうで、面白いと思いました。

●教育理念に共感できた。

●保育園のことだけでなく、企業として目指している保育事業のことを聞き、共感しました。

●生き残る保育園など長期にわたる経営方針や臨界期の話をきけて、勉強になりました。

●教育について、大変熱心に研究されていて、信頼できる教育環境だと思います。

●臨界期の話もなんとなく知っていたが、具体的に指摘されるとますます、子どもに将来に影響のある能力を伸ばしてあげたい

●知育や英語など、家庭ではカバーできない刺激を、保育園で受けられる点に興味をもちました。

●母体の会社説明もあり、安心して子どもを預けられる環境を提供して下さると感じました。子どもたちのことを一番に考えた丁寧な保育をしていただけそうだと思いました。

●保育園に預けるということだけでなく、子どもにとって考え、学ぶべき内容を将来を通して考えるきっかけになりました。

●保育園の説明会で会社の細かい説明を聞けることは少ないため、とても安心しました。

●社長の関さんの熱意と、動画の子どものいきいきとした顔つきが印象的でした。

【保育理念】子どもたちの自立を育み、輝きを引き出し、健やかな成長を応援します

【保育の基本法方針】①安心・安全 ②心身の健やかな成長と自立 ③ご家庭と園が一体となり取り組む保育

HOPPAパークシティ武蔵小杉への入園をご検討で、当日配布した資料をご希望の方は、本部(075-353-5514 土日祝除く)までお気軽にお問合せ下さい♪♪

最後になりますが、会場までご足労いただき、説明会最後まで熱心に耳を傾けてくださった保護者のみなさま、誠にありがとうございました 😀

今後のHOPPA保育園にどうぞ、ご期待下さい!!

FacebookにもHOPPAの素敵がいっぱいです!