京進のほいくえんHOPPA

スタッフ採用

入園のご案内

自治体・各種業界の皆様へ

0753425077

スタッフ採用

入園のご案内

自治体・各種業界の皆様へ

ブログ記事 HOPPA下沼部園

あそびのひとつです!!知育タイム&English time2020.06.26

こんにちは、HOPPA下沼部園(神奈川県川崎市小規模認可保育園)です。

今回のブログは、知育タイムEnglish timeを紹介していきたいと思います。

知育タイムは、朝の会の後に毎日行っています。

朝の会では、椅子に座って季節の歌を歌ったり手遊びをしたり、今日の日付と天気を皆で確認したりしています。そして、各クラスお名前呼びをして、元気に登園していることも確認しています。

知育タイムの内容は日によって色々と変わりますが、下の写真は「あいうえお絵本」を使って50音の音や形を見ているところです。

保育士が「あ」と言ったあとに子どもたちは「あ」と復唱します。何度も同じ事を繰り返しているので2歳児さんは平仮名の形を覚えて保育士が言う前に「○○だよね。」と答える子もいます。

次の写真は、数を答えて貰っているところです。この日は絵本を使わず、ブロックを使って「いくつかな?」と確かめているところです。

数を数えるのにもいろいろな方法を行いながら、子どもたちが楽しめるように工夫をしています。子どもたちは、ゲーム感覚の方が喜ぶのですよ!!

次の写真は、ネイティブのフランク先生週に1度英語のレッスンに来ているときのものです。

子どもたちの名前を呼んで「ハイタッチ」をしています。乳児さん(0~2歳児)が最後まで楽しめる長さを考え、レッスンは1回20分前後です。

English timeでは、楽しい音楽にあわせて踊ったり、ゲーム遊びもしています。

もちろん、すべて英語を使ってのやりとりです。最近、2歳児さんはお天気の英語を覚えて、普段から「今日はSunnyだね。」「Cloudyだよ。」など話している声も聞こえます。慣れるってすごいですね。

English timeが終わった後は、フランク先生と子どもたちとの触れあいの時間です。

下の写真は、散歩にでかける準備をしている様子です。

待ち時間にフランク先生が絵本を読んでくれたり、散歩では、一緒に手を繋いで歩いてくれたり、散歩から戻ってきた後に一緒に手を洗ったり・・・。給食の時に「Yummy」など声をかけてくれたりしていますよ 😉

このように、知育タイムもEnglish timeも子どもたちの中では生活の一部であり、遊びの中の1つなのです。

保育士は色々な遊びの種はまきますが、それを、興味・関心を持って遊びに変えていく子どもたちは、無限の可能性を秘めています。子どもたちがどのように成長するか本当に楽しみです!

今回のブログはここまで・・・また、来月をお楽しみに!!

FacebookにもHOPPAの素敵がいっぱいです!